看護・介護スタッフ採用 看護・介護スタッフ採用

看護・介護スタッフ採用

■取り組み概要

看護・介護の分野で外国人が働くための就労系の在留資格は、「介護」「技能実習」「特定技能」という選択肢があり、ニーズに合わせて在留資格を選ぶ必要があります。

「日本人配偶者」や「定住者」という身分系の在留資格なら、サービス付き高齢者住宅や訪問介護などでも就労が可能です。

在留資格の選択だけでなく、夜勤はいつから出来るのか、人員配置基準にはいつから組み込めるのか、施設に何人の外国人が働けるのかなど、各種条件が複雑に絡んでいるので、この分野のプロフェッショナルと一緒に採用を進めていくことが推奨されます。

■ポイント

  • 在留資格×やっていい業務×働ける施設×働ける年数などが複雑なので、この分野のプロフェッショナルと一緒に採用を進めていくことが重要
  • 「ご利用者様やスタッフと日本語で問題なくコミュニケーションが取れる」ところまで求めるなら、日本に在留している人材から探す方が採用できる可能性が高い
  • 海外から直接採用する場合は、現地での日本語教育には限界があるので、入社後の継続的な日本語教育も計画した上で採用するのが良い

■MEIKO GLOBALのサービス

MEIKO GLOBALには、医療・介護の分野での外国人採用を専門とするチームがあります。プロフェッショナルなコンサルタントが、医療・介護の分野で働くことができる全ての在留資格で人材をご紹介出来ます。 医療・介護の分野では高い日本語力を求められることが多いですが、MEIKO GLOBALでは、採用後の日本語教育についても、専門的な内容も含めてご提供可能です。